【SPARK新機能】
ヒートマップ分析機能をリリースいたしました

コンバージョン最適化プラットフォーム【SPARK】に、新機能「ヒートマップ分析」をリリースしました

当社は、サイト内最適化プラットフォーム「SPARK」の新機能として、ヒートマップ分析をリリースいたしました。

ヒートマップ分析機能 開発の背景

webマーケターが施策を打つためには、サイトの現状把握が欠かせません。しかしGoogleアナリティクスなどの従来型の分析ツールの場合、数値データからユーザの動きや行動状況を読み取らなければならず、膨大な時間と工数が発生してました。

そこで分析時間の大幅な削減を目的に、ユーザの行動状況を可視化し、直観的に分析ができる「ヒートマップ分析機能」を開発いたしました。

・クリックエリアを可視化

ユーザが実際にクリックしたエリアを把握できます。 どのリンクに興味を持ったのか、反対に興味を持たれなかったかを知ることができます。 またリンクが無い場所をクリックしても、データとして計測されています。

・熟読エリアを可視化

ユーザが長く閲覧するほど、そのエリアを赤くマッピングしています。 反対に、あまり熟読されていないエリアは青く表示されますので、コンテンツの配置やファーストビューのデザインなど、ページ改善にお役立ていただけます。

・スクロール率を可視化

ページをどこまでスクロールしたかを把握することができます。 近年主流のスマートフォンサイトや、ランディングページなど縦長のサイトにおいては「どこまで読まれているのか」は重要な指標となります。

ヒートマップ分析機能での期待効果

本機能を導入することにより、以下の効果を期待することができます。

・サイト分析時間の大幅削減

従来型の分析サービスの場合、数値を基にサイトの現状を読み取らなければなりませんでした。 しかしヒートマップ分析であれば、画面に合わせてユーザの動きを直観的に把握することができます。 さらに社内での「情報共有」にも大きな効果が期待できます。数値分析のための専門知識は一切必要なく、ヒートマップの分析画面をご覧いただくだけで一目で現状を把握することができます。

 ・web接客機能、離脱防止機能の効果を高める

近年主流となっているweb接客サービスですが、ポップアップ型のバナーは回遊率向上が期待できる一方、ページ閲覧を阻害してしまう可能性もありました。 しかしヒートマップ分析によって、離脱されやすいエリアや、熟読エリアなどを把握することができます。 そのため離脱されやすいエリアにのみバナーを配置し、ユーザがよく見ているエリアには邪魔になるバナーは出さないようにするなど、データ分析の根拠に基づいた施策が可能となります。

・アクセス解析だけでは分からない情報が手に入る

アクセス解析サービスの場合、ページの遷移に応じたデータのみ分析することができます。 しかし本機能により、ページ単体でユーザがどう動いているのか、何を求めているのかといったデータを把握することができます。 さらに当サービスはURLのパラメータで使い分けることができるため、「広告流入別のヒートマップ」をご覧いただくことも可能です。 それらのデータを把握することで、UI/UX対策や、デザイン改善の手がかりを知ることができます。


この新しい機能により、皆様に更なる価値提供ができましたら幸いです。
本リリースに対するお問い合わせは、営業担当もしくは下記までご連絡ください。

問い合わせ先:
株式会社Free Spark
問い合わせメールアドレス:info@f-spark.com